ブログ
ブログ

全頭痛の80%を占める「緊張型頭痛」 川越で頭痛にお困りの方に

2019/03/29
ロゴ

全頭痛の80%を占めるといわれているのが「緊張型頭痛」です。

頭痛の中でも多数派がこのタイプです。
肩や首のコリ、更には腕や背中など筋肉が硬くなっていることが原因で発症します。
連日のように発症しますが、これまで紹介した「片頭痛(偏頭痛)」「群発頭痛」と比較するとそれほど強い痛みは出ず、仕事や家事などができなくなるようなことはありませんが、困りものです。

「緊張型頭痛」の痛みの特徴
頭が締め付けられるように痛みます。
片頭痛(偏頭痛)に特徴的な脈を打つたびに痛みを感じるのではなく、脈を打たないのが違うところです。
いつも同じ箇所が同じように痛くなり、ズキンズキンよりズーンと重たい感じの痛みです。

どういう人がなりやすいか
肩コリや首コリがある人です。
ストレスを抱えている人もなります。ストレス(精神的、肉体的のいずれかでも)は他の頭痛でも原因として多いです
女性の発症率が高いです。

「緊張型頭痛」の原因
筋肉が硬くなる(緊張する)ことが原因で、頭、首、肩は皆さん凝っていらっしゃいます。
筋肉が硬くなると周りの神経や血管が締めつけられたり圧迫されたりして頭痛が起こります。
また、トリガーポイント(コリの一種)である場合、離れた箇所に痛みを飛ばし(関連痛)、頭部に飛ぶと頭痛になります。
また、精神的(悩み、イライラ)、肉体的(過労、寝不足など)のストレスも要因となります。

当院では
当院では肩や首のコリなどを緩めます。
肩や首だけでなく、腕や手の指、背中や腰の筋肉も硬くなっている場合がほとんどですので、そちらも緩めていきます。
離れた箇所に痛みを飛ばす(関連痛)トリガーポイントに対しては、トリガーポイントセラピーで対処します。実は離れた箇所に原因があったという事は実際によくあることです。

自分でできるセルフケア
首や肩が凝るのは、姿勢の悪さ(猫背や左右非対称の姿勢)が原因の場合が多いことから、姿勢を正して、筋肉が固まらないようにする体操などを施術後にアドバイスし、帰宅後に活用してもらっています。
しばらくやり続けることで「身体が少しずつ変わってきた」と喜ばれています。
 


連絡先 049-277-5192
埼玉県川越市伊勢原町2-4-5
(川越市立霞が関北小学校 体育館の正面)
大蔵カイロプラクティック川越伊勢原整体院